borgの図鑑

産卵セットを沢山組みましたが、1種しか産卵行動を起こしてないような><

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寂しい温室

今年は随分成虫が落ちました
そして卵の孵化率も異常に悪く
お陰で冬がやってきても
温室が足りなくて困ることはありません・・・・・

楽しみなのは能勢産オオクワが唯一産卵の兆しがあること。
そしてティティウスがこれから後食を始めることでしょうか。

もう少し増やしたい現在の状況でした。
091212温室
スポンサーサイト

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2009/12/17(木) 08:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:0

ネタ不足

ここのところ飼育種を減らしていることもあり
ネタ不足が甚だしいです。

ですから今日はいつもと違う内容で・・・

080814ゼリー

ゼリー


昨年は2000個購入しましたが
無くなったので1000個購入しました。

画像は半分の500個の残りです。

去年のゼリーは減りが遅かったんですが
今回のゼリーは食いつきが良い、ガスが発生しにくい、
長生きする(かも)と聞いて購入しました。


食いつきが良い・・・・・・

交換しても交換しても一気に無くなる。

これってそんなに旨いのか?


このままでは1000個はあっという間に消費だ・・・

また注文しなくては・・・

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/08/18(月) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:8

産卵セット方法

私がいつもやっている産卵セットをご紹介します。
今年もこれで行けるかな?

まずはマットの購入です。
1

おっ! 当たりマットかも知れない。。。(^^)
そのマットをケースに入れて堅く押さえます。
2

どのくらいかと言いますと
逆さまにしても落ちないくらいです。
3

これを繰り返して厚めにマットを固めます。
この段階でケースの形状を考えて、
ケースの底の隙間を埋めておかないと
堅詰めしている時にケースを割ります。
(たらこ唇さんの得意技です)(たらこ唇さん・・・メンゴ)

後は産卵木を置いて
マットを詰めていきます、この時はそんなに堅く詰めなくて良いです。
4

仕上げはゼリーと転倒防止材を入れて
十分に交尾を済ませた♀を入れればOKです。
5

2ヶ月後が楽しみです。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/05/03(土) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:4

ペットボトル飼育3

大好評の(嘘です)カブトムシペットボトル飼育もいきなり完結です。

●セット
出来上がったものに用意したマットを加水(ぎゅっと握って団子になる程度、水が染み出すようだと多すぎです)して入れた後に幼虫を投入します。
これに黒い紙などを巻いておくと幼虫も安心しますよ!きっと。
観察したい時だけ紙を外せばOKですね。

●最後に
一昨年はこれで1匹飼育しました。
その時は少し小さく作った為に幼虫にとっては狭かったようです。
それで昨年は少し大きめに作りました。
また今年も羽化までの間存分に観察させて頂きます。
国産カブトは昨年終了していますからアトラスあたりで・・・・

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/11(月) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:6

ペットボトル飼育2

お待ちかね(・・・・・・・)
カブトムシのペットボトル飼育にはかかせないハードの部分の作成方法です。

物凄く簡単ですが、子供さんの宿題にする際は怪我などしないようにサポートしてあげて下さい。

●手順
手順1  まずペットボトルの下3分の1を切り落とし、フタのついた方を残します(これが中に入る分です)。画像は少し大きく切っています
手順2  次のペットボトルの下3分の2を切り落とし、フタの無い方を残します(これが外側の底になります)。

ペット1


手順3  1を逆さまにして2の中に入れます。
ペット2


手順4  残った底の部分をフタにして被せ、小さな空気穴を空けて完成です。

ペット3


非常に簡単です。

明日はセットの方法を紹介してこのシリーズ(3回ですが・・・)を終わります。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/10(日) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:4

ペットボトル飼育1

ちょいと変り種
夏休みの宿題に工作と観察記録の2つが一度に出来る方法だと思っている私って・・・
小学生以下のお子さんをお持ちのお父さんに朗報です(ちょっとだけ・・・^^;)

誰もがやってるペットボトル飼育(カブトムシ幼虫)

●初めに
カブトムシの幼虫飼育には1匹あたり15cm四方の容量があればいいと、以前何かの本で見ました。
また、ペットボトルで飼育ケースを作る方法はそこいら中で紹介されています。
従ってわざわざ紹介するまでも無いのですが。
何となく紹介してみようと言う気持ちになりました。

●用意するもの
2Lペットボトル×2(お茶や水の方が良いです、ジュース類は使えません・・何故かは判りますよね)、ハサミ(ちょっと頑丈なものを!ただし怪我には気をつけて!)、マット(HCの物でいいですが、発酵済みマットの方が大きくなります)、そして当然ながら幼虫1匹です。

作り方は明日にでもUPします♪

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/09(土) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:4

ヒラタクワガタ飼育法 8

ヒラタクワガタ飼育法、如何でしたでしょうか?
私のやり方はこんなもんです。

今までのベストは
スマトラオオヒラタ  94mm
パラワンオオヒラタ 102mm
セレベスオオヒラタ  76mm
といったところです。
他にもサキシマヒラタや、タウルスヒラタ・アルキデスオオヒラタなど居ますが
サイズを忘れました。


●記録
♀に対してかなり遅れて♂が羽化を始めるでしょう、♂・♀どちらもきちんと記録を残しておけば後々役に立つはずです。
(これをしないで後悔している私が言うんだから間違いない!)
そして羽化日の記録は忘れないようにして下さい。

●最後に
以上簡単ですが私の飼育法です。
これをご覧になった皆さん、ヒラタクワガタライフを満喫しましょう♪
なにかお気付きになったこと、新たに経験されたことがありましたら教えて下さいね。

サキシマ飛ぶ

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/02/01(金) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:6

ヒラタクワガタ飼育法 7

●蛹化
♀で2~3本瓶交換をした後に♀が蛹室を作り出します。
この作業に2週間以上かかります。
蛹室は明らかに他の部分と縁の色が違いますから気が付きます。
そして若干頭の方が高く作られています。
幼虫も黄色味を増し、しわがはっきりしてきます。
その後上向きにひっくり返ってじっとしていたかと思うと細かく腹筋を始め脱皮します。
それまで頭だった部分が割れて中から蛹が出てきます、これを蛹化といいます。

セレベス蛹



●羽化について
蛹になって3週間から1ヶ月が過ぎると蛹も徐々に黒くなってきて脱皮を始めます。

羽化直前


これを羽化といいます。
初めは羽が白くて驚かれるでしょう、そして下羽も伸びたままです。

羽化途中


徐々に乾燥して下羽が収納され、上羽が黒くなり、お尻がすっかりひっこんだところで羽化完了です。
乾燥するまで1ヶ月くらいでしょうか。

羽化完了


そこから外に出てくるまでに1ヶ月以上かかりますが、私は待てないので慎重に掘り出してプリンカップにティシュを入れて成虫を管理しています。
この方法で今のところ事故は起こっていません。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/31(木) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:6

ヒラタクワガタ飼育法 6

●幼虫飼育について
幼虫は菌糸瓶か発酵マット・朽木に入れて育てる方法がありますが、私は最も簡単な菌糸瓶で育てます。
ただし、3ヶ月毎に菌糸瓶を換えるのでコストがかかります、特に♂は羽化までに3~4本必要になります(仮に♂が10匹いたら40本くらい必要な訳です)。
しかも3本目は1.5L・・4本目は3Lくらいの容量が必要になってきます、おまけに何で?ってくらい食べます、ひたすら食べます・・・別名金食い虫です。
ただし幼虫の大きさはオオクワでは経験できないものになります。
外産カブトか?・・・と言うくらい大きくなります、怖いです。
オマケに交換時にやつらは噛み付こうと攻撃を仕掛けてきます、噛まれるとシャレにならないくらいの痛い思いをする覚悟がいります。
折角新しい餌場に連れて行ってやろうと身銭を切っているのに実に恩知らずな輩です。
コストがかかりますので計画性が必要です!(菌糸のブロックを購入して自分で詰めるとコストダウン出来ます、しかし手間は増えます)。

発酵マットに入れる方法もあります。
菌糸並みに大きくなるようですが今のところ殆ど菌糸で管理しています。
マットは良く見ると食べた跡が判りますが、マット交換のタイミングが菌糸より判断しにくいです。交換しなくていいと言う意見もありますが、私にはその勇気がありません。

朽木に入れる方法は試したことが無いので判りません。

菌糸瓶に入れて3ヵ月後にはかなり大きくなっていて本当に感動することでしょう。

そして卵はマットを乾燥させないようにして置いておきます、上手くすれば孵化が見られるかも知れません。
孵化したらやはり菌糸瓶に入れると大きく育ちます。

スマヒラ1本目


●菌糸瓶の注意点
瓶交換した際直ぐにフタをすると幼虫によって切断された菌糸が復活する際に消費する酸素によって、幼虫が酸欠になって悪くすると☆になるケースがあります。
菌糸瓶に投入した後はしばらくフタの代わりにティッシュを輪ゴムでとめておくといいでしょう。
また、菌糸は光や温度変化に反応してキノコが生えたり劣化が早まったりします。
キノコは菌糸の栄養を減らすと言われていますので取り除いて下さい、取ったキノコは食べてもいいそうです。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/30(水) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:4

ヒラタクワガタ飼育法 5

●暫くして
ボトルの側面や底面に卵が見えることでしょう。
そうなれば孵化するのを自分の目で見て掘り出しのタイミングが計れるので実に助かります。

掘り返すと中から初令の幼虫や卵が出てくることでしょう。

今日は疲れているのでこの辺で・・・・・

ヒラタ幼虫発見


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/29(火) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:2

ヒラタクワガタ飼育法 4


最も緊張を強いられる作業にペアリングがあります。
昨日も書きましたが、それはもう恐ろしい音を聞く時がよくあります。
おそらく羽化からあまり時間が経過していない所為化も知れないですね。


●ペアリングについて
ちょっと狭いケースに♀を入れ、その上に♂を乗せてみましょう。
運がよければグルーミング(♂は♀の匂いを嗅ぐ、同種族か確認しているとも言われています)が見られるでしょう。
その時点で♂が♀を攻撃し始めたら少し様子を見てください。
私のところでは♂が攻撃を仕掛けたケースがありましたが、♀が逃げられるところを用意してあれば問題ないようです。

ヒラタ交尾


ペアリングの期間は3~4日でOKです。
くどいようですが、充分に交尾が終了していると♀は交尾を拒みます。
困ったことに♂がそれを怒って♀を攻撃してしまいます。 
ご注意下さい。
この事故を少しでも減らすため、葉っぱや樹皮を多めに入れてなるべく♀が隠れられる、逃げる場所を確保してください。
成虫をセットしたら新聞紙をケースとフタの間に挟んで下さい、コバエの進入と乾燥を防いでくれるでしょう。
ペアリング時の温度は25~28℃くらいがいいようです。
セットが完了したら暗い静かなところに置いて、エサ換えのとき以外は触らないようにしましょう。
エサは高タンパクゼリーをあげて下さい。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/28(月) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | コメント:10

ヒラタクワガタ飼育法 3

今日はお手軽なペアリングのセットとやはりお手軽な産卵セットについて紹介します。

セレベス


●ペアリングのセット
必要なものは 菌糸ボトルの余った物(1.5Lくらいあると良い)発酵マット少々、高タンパクゼリー、葉っぱや樹皮多目(転倒予防と同時に♀が♂から隠れられるように)。

材料をボトルに入れて、♂を投入。
1~2日して♂が環境に慣れたら♀を投入します。
私は同時に入れますが・・・
その瞬間!
ベキッ!ゴリゴリ!ガリガリ!ペキッ!っと世にも恐ろしい音が聞こえてくることがあります。
♂の恐ろしい大顎に♀が挟まれます。
しかし、見ている前で♀が真っ二つにされたことはありません。
同居期間が長い時に不幸な事故が起こったことがあります(;;)

ペアリングの期間は最長でも4日間です。
それ以上は私の神経が持ちません。
それほどヒラタ系のペアリングは怖いと思っています。

●産卵セットについて
加水したマットを渾身の力を振絞って堅く詰めます。
こうすることで芯の無い良質の産卵木をマットで実現しているつもりでいます(^^)

ちなみにゼリーはフタを剥がずにナイフで十字に切れ込みを入れると長持ちします。ヒラタ系クワガタはマット産みしてくれますので産卵木は不要と考えて実践していました。
実にコストがかからず有難いです(産まれるまでは)

実験的に産卵木を入れた事がありますが、結果として産卵数は圧倒的に多くなりました。

マットだけで20前後だった産卵数が、材を入れたら46個産んだ記録があります。

最近は材を入れるかな・・・


テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/27(日) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ヒラタクワガタ飼育法 2

さて、ヒラタクワガタ飼育法 2回目です。
実は私ってヒラタクワガタが大好きです。
あの大きさ(外産は特に・・・)、凶暴さ、そして飼育の簡便さ・・・
♀殺しなんて恐ろしい事故はありますが、比較的あっさりと産卵まで持っていける。
産卵してしまえば孵化も容易。
半泣きになるほど大食の幼虫と言うことがありません!
いいですよ~ヒラタ♪

アルキ77


それで、その成虫の成熟に関して今日は書きます。

●成熟度合い
ペアリングする際に一番気をつける点は羽化後どれだけ経っているかでしょう。
基本的には羽化して半年以上経ったものが安全と言われていますが、オオクワ系はそんな感じですが、ヒラタ系は4ヶ月で充分でした。
注意点としてヒラタ系のクワガタは♂の気性が荒く、交尾を嫌がる♀を殺してしまう事故が起こり易いことでしょう。

また、熟成度合いが足りない場合も♂による♀殺しが起こるようです。
要注意です。

この場合の成熟期間ですが、♀は多分3ヶ月もあればいいと思いますが、♂は半年以上しないと落ち着かないようです(と言われていますが私は4ヶ月で問題は出ていません)。
特に落ち着かない時期に♀と一緒にすると♀殺しが起きるようです。
充分成熟した個体の方がペアリングの成功率が高いです。

明日はペアリングのセットと産卵のセットに関して書きます。

テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/26(土) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒラタクワガタ飼育法 1

さ~て、過去に飼育して比較的上手くいったヒラタクワガタの飼育方法についてご紹介します。
最近はこれと違ったことをやっていたら失敗続きです。
来年はこの方法でヒラタ飼育を復活するかも(^^)
ただしこの方法で上手くいかなくてもクレームは無しでお願いします。

スマヒラ94


さて、第1発目

●成虫について
今のところ累代しているのはスマトラヒラタとパラワンオオヒラタ、セレベスオオヒラタにタウルスヒラタ、アルキデスオオヒラタと国産ではサキシマヒラタとなりますので、その点ご承知下さい。

遺伝はありますので血統というのは無視できませんが、手塩にかけて(手抜き?)育てれば種親を超える子供は特にヒラタは簡単に育っています。

●成虫の管理
飼育温度も夏で35℃くらいまでは安全な様子です。
幼虫飼育と合わせても高温飼育で何とかなっています、オオクワより楽な印象です。
ただし、高温と乾燥が重なるとあっさり☆になることもあります。
羽化したての成虫は1~2ヶ月はお腹の中に栄養が残っているので食事をしなくても大丈夫です(私は1ヶ月もしたら無駄でもゼリーを入れていますが気が付いたら食べています)。

●越冬について
上手く育てると1~3年は生きてくれるようです。
そして越冬については不要だと思っています。(スマトラヒラタとか外国産の場合です、サキシマヒラタは必要です)

越冬させないとなると加温が必要になりますが、園芸用のビニールハウスに植物用のヒーターで十分です。(ただしヒーターはちょっとお高いです)


明日は成熟度合いについて私なりの考えを・・・・んな偉そうなモンでもありませんが・・・



テーマ:クワガタ・カブトムシ - ジャンル:ペット

  1. 2008/01/25(金) 07:00:00|
  2. 飼育法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フリーエリア

吉川友梨ちゃん捜索の輪!!

「熊取町立北小学校4年生吉川友梨(ゆり)ちゃん(当時9歳)が、 2003年5月20日午後3時ごろ、下校途中に七山地区内で行方不明となっています。些細な事でも結構ですので皆様からの情報をお待ちしております。
詳しい事は↓のバナーをクリックして下さい」
yurichan

kuwagata-silv[1]

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

borg

Author:borg
クワガタ・カブトのサイトです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。